POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

通信インターフェイス

インクリメンタル

incremental_interfaces_encoders
incremental_1

インクリメンタル

インクリメンタルエンコーダは任意の始点からスタートして構成要素を定期的なパターンで数えることにより角度数値を測定します。

フィールドバス

fielbus_encoder_1
profibus_1

Profibus

プロフィバスが利用可能です。プロフィバスは、工場のオートメーション化やその他の分野で最もよく使われるフィールドバステクノロジーであり、RS485規格に従っています。プロフィバスには様々な種類があり、異なるデバイスプロファイルを備えています。

もっと

canopen_1

CANopen

CANopenは、CANネットワークを利用したフィールドバスプロトコルです。CANopenは多くのPLCで利用可能で、工場のオートメーション化、可動機械、クレーンなどに広く活用されています。

もっと

devicenet_1

DeviceNet

DeviceNetは、CANネットワークとCIPプロトコルに基づいたフィールドバスシステムです。DeviceNetはODVAにより管理されており、工場のオートメーション化に幅広く活用され、多くのPLCで利用できます。

もっと

canopen_safety

CANopen Safety

The CANopen Safety framework for safety-relevant communication is an add-on to the CANopen application layer and communication profile.

CANopen Safety エンコーダ

canopen_lift

CANopen Lift

CANopen Lift は、昇降アプリケーション向けのフィールドバスプロトコルです。CANopenとよく似ており、 CAN networksを利用します。

CANopen Lift エンコーダ

interbus_1

Interbus

Interbusはフェニックス・コンタクトにより開発されたフィールドバステクノロジーです。自動車製造工場でよく利用されています。異なる電子ネットワークや光ファイバーを介して操作することが可能です。

もっと

sae_j1939

SAE J1939

SAE J1939は車と大型トラック業界での通信に使用されるフィールドバス規格です。

SAE J1939 エンコーダ

アナログ

analog_encoder
analog_1

アナログ

電圧または電流出力の標準。異なった範囲での利用が可能です。

Analog エンコーダ

イーサネット

ethernet_encoders
ethernet_ip_1

Ethernet/IP

イーサネット/IPは、ロックウェル・オートメーションにより開発された産業用コミュニケーションプロトコルでODVAにより管理されています。CIPとTCP/IPプロトコルに基づいています。

もっと

ethernt_powerlink_1

ETHERNET POWERLINK

ETHERNET POWERLINK は、イーサネットネットワークに基づいたリアルタイムのコミュニケーションシステムで、EPSGにより管理されています。

ETHERNET POWERLINK エンコーダ

ethercat

EtherCAT

EtherCATはフィールドバスであるEthernetをベースにしたオープンなインターフェースです。EtherCATは低価格で、通信障害の低く、高速度通信を実現します。

EtherCAT エンコーダ

profinet_1

PROFINET

PROFINET は自動化用に設計された「 PROFIBUS & PROFINET International 」からの産業用イーサネット標準である。

PROFINET エンコーダ

modbus_1

Modbus

Modbus は Modbus 機関により管理されているシリアルプロトコル。

Modbus エンコーダ

シリアル

ssi_encoder_1
ssi_1

SSI

SSIは、PLC/Masterとエンコーダの二地点間を繋ぐシリアルインターフェースで、広く利用されています。RS422規格に従っています。

もっと

パラレルインターフェース

paralleli_encoder
parallel_1

パラレルインターフェース

各ビットに対し一つの信号線が使われ、位置出力の全ビットが一度に転送されます。

もっと