POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

POSITALのインダストリ4.0への取り組み

pos_university4industry

産学連携によるインダストリ4.0への道筋である実践教育の提供

POSITALは、生産性を向上させる情報技術の活用に熱心であり、産学連携への支持を表明しています。

POSITALは、“インダストリ4.0 ケーススタディ:サプライチエインのデジタル化”と呼ばれるコースに従っています。このコースは、POSITALが、モーション・ポジションセンサに特化した特異な会社であり、先進的な製造プロセス、大学と連携して、クラウド知識のアクセス、組込まれたマイクロプロセッサの活用のような21世紀の技術を取り込んだオーダシステムシステムをどのように開発したかが、示されています。このシステムの使用で、POSITALは、“多くの顧客個別要求”に、対応することができます。つまり、顧客ごとの各種の仕様に従った注文を製造する能力を有し、また、正確に各種多様な顧客仕様に従がいますが、価格は通常の大量生産で製造された製品と同価格で提供することができます。

“インダストリ4.0 ケースの例”-サプライチェーンのデジタル化

このコースにご興味のある方は、次のWEBにご連絡ください。

info@posital.eu

University4Industry

university4industry

産学連携は、製品・サービスがどのように設計され、組立てられ、納入され、サポートされ、また、急に変更される情報とコミュニケーションを基本とした技術について学ぶ機会を大学と会社に提供する目的として非常に興味深い新しいスタートと考えられています。産学連携は、“インダストリ4.0”、“もののインターネット(IIoT)”、広い意味でデジタル化を規定する新規の産業技術の情報を提供するオンライン教育です。強調する点は、実知識と実世界の差、例えば、その目的は、産業界に対して、実知識と実世界とのギャップを解決する手助けをすることです。授業内容は、新しい産業時代への挑戦として、活発に取り組む教育機関と産業会社で、協力して開発されます。