POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

Internet of Thing (IOT)

wiegand_all_aplications_news_page

エネルギー自律型超低消費電力IoTデバイス

Wiegandセンサーから得られたエネルギーは、産業界において、バッテリーレス&自給自足のIoTセンサーやデバイスの低電力電子チップに電力を供給するために使用することができます。1つのパルスによって生成されたエネルギーは、間欠的に電力を供給される電子回路を起動し、簡単な算術演算を実行し、その結果を不揮発性メモリに保存するのに十分です。また、Wiegandパルスのエネルギーをバッテリーに蓄え、低消費電力回路のエネルギーと需要のバランスを取ることもできます。現在の研究目標は、IoTエコシステムでの無線通信に必要なエネルギーを生産できるWiegandセンサーを提供することです。

例えば、気密性や自由な動きを必要とするアプリケーションもありますが、これは可動部を電気的に接続することができないことを意味します。Wiegandセンサーは、磁気結合デバイスに見られる変化する磁場を利用して、低消費電力のセンサーに必要なエネルギーを収穫し、環境条件に関連する重要なパラメータのモニタリングに使用することができます。