POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

ステッピングモータ

stepper_kits___main

ステッピングモータは、100極または50極ペアのような、極数が非常に多いブラシレスモータの一種です。 ステッピングモータは、100極モータがモータ軸1回転中に200の任意の位置(ステップ)にロータを回転できる低コストのシンプルなモーション制御システムと見なされます。シンプルなステップおよび方向入力ドライブと組み合わせると、ステッピングモータはローエンドのモーション制御システムで広く使用される非常にシンプルなモーション制御構成ブロックです。 従来のステッピングモータシステムは、モータドライブに渡すステップ数が与えられており、モータ軸の回転が起きると想定される「オープンループ」モードで動作します。この結果、モータが失速したり入力ステップ数分の回転ができないということがないように、出力トルク(基本的にモータサイズによる)は「過剰に指定」されています。

ステッピングモータのシャフト末端にエンコーダ(アブソリュートまたはインクリメンタル)を追加すると、モータのシャフト回転を確認できます。 ステッピングモータでエンコーダを使用すると、「移動と確認」と呼ばれるモーション制御システムが作成されます。この場合、モータが必要なステップ数を回転することを保証するために、ステッピングモータを大きくする必要はありません。 フィードバックエンコーダの位置情報は、モータが目的のステップ数を移動したかどうかをシステムに伝えることができます。 したがって、消費電流と物理的サイズの点でより効率的なモーション制御システムが実現できます。

保持トルクとスピード用に設計

stepper_kits_app

最近、ステッピングモータは、ブラシレスDC、BLDC、多極(100極)のモータとして適用されています。このモード(ステッピングサーボまたはステップサーボ)でのステッピングモータの動作は、従来のBLDCサーボシステムよりも性能は低いが、サーボモータに比べてステッピングモータのコストが低いため、低コストのサーボモータシステムとして機能します。ステッピングモータは、まず第一にトルクを保持するように設計されており、速度(RPM)は二の次です。高い保持トルクを実現するために、ステッピングモータには強力な磁場を作り出す多くの巻線があります。 しかし、巻線の数が増えると逆起電力が増加し、電圧単位あたりのモータ軸速度が低下します。

最近、ステッピングモータは、ブラシレスDC、BLDC、多極(100極)のモータとして適用されています。このモード(ステッピングサーボまたはステップサーボ)でのステッピングモータの動作は、従来のBLDCサーボシステムよりも性能は低いが、サーボモータに比べてステッピングモータのコストが低いため、低コストのサーボモータシステムとして機能します。ステッピングモータは、まず第一にトルクを保持するように設計されており、速度(RPM)は二の次です。高い保持トルクを実現するために、ステッピングモータには強力な磁場を作り出す多くの巻線があります。 しかし、巻線の数が増えると逆起電力が増加し、電圧単位あたりのモータ軸速度が低下します。

kit_motor_app

POSITALの電池不要のマルチターンキットエンコーダは、ステッピングモータを高度なステッピングサーボシステムにアップグレードする経済的でコンパクトなオプションです。ウィーガンドテクノロジーをエナジーハーベスティングに使っており、例えば、リニアアクチュエータアプリケーションで必要とされるような多くの回転数をカバーします。

ステッピングモータのPOSITAL キットエンコーダ