POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

エネルギー回収のためのWiegandセンサの生産量拡大

wiegand_production3

POSITALはWiegandセンサの生産設備を拡大しました。 Wiegandセンサは回転運動から電気エネルギーを生成し、計数回路のような低電力電子装置に給電します。 現在までに50万個以上のWiegandセンサが製造・販売されており、そのうちの80%はモーターフィードバック・アプリケーションに使用されています。 今回の生産設備拡大により、POSITALはセンサ1,000万個のための材料を確保するとともに、年間100万台のセンサを製造することが可能になります。

2014年より続くWiegandワイヤーの世界主要供給主

  • 現在までに製造・販売されている50万個以上のWiegandセンサ
  • 生産能力と供給能力向上のための設備拡大
  • 毎年100万個以上の生産能力
  • 将来の需要に合わせるためのセンサ1000万個用の材料保証
  • パルス・パフォーマンスの継続的な改善

2014年以来、POSITALはWiegandワイヤーおよび関連製品の世界的な主要供給主です。 同社は、人気のIXARC多回転ロータリエンコーダでWiegand駆動回転数計測システムを利用しています。 また、エネルギー回収型電子計測システムでの使用を目的にWiegandセンサを他社に提供しています。 私たちの技術には信頼性と耐久性があり、さらに、外部電源や手間の掛かるバッテリシステム無しに軸回転の連続的な記録を可能にします。 モータフィードバックシステムに多回転センサを使用することで、光学または機械的測定技術に基づく同様のシステムよりも、衝撃や振動、粉塵、湿気に対する耐性が向上します。

カードキーやトークンへの利用を始めパルス生成器やサーボモータの応用まで、この確立された技術の性能と品質は、過去40年間にわたって絶えず進化してきました。

FRABAの技術開発責任者であるChristian Fellは次のように述べています。「この技術の将来はとても明るいです。 エンジニアと科学者は、スタンダローン・デバイスが、周囲の物理環境から少量のエネルギーを回収し、分離された電子回路に電力を供給するための方法を模索してきました。 外部電源やバッテリを無くすことで、デバイスは自立し、信頼性も上がります。さらに、メンテナンス回数も減ります。 Wiegand効果は証明済みの技術であり、機械的な動きから少量の電力を回収することができます。」