POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

マルチターンエンコーダキットの開発

ubit0_kit_1

コスト競争力あるマルチターンエンコーダキット

POSITALの新しいエンコーダキットの製品群は、頑丈で、精度があり、また、コスト競争力のある回転位置測定装置として、サーボモータやほかの機械に組み込む目的で開発されました。新規のエンコーダキットは、POSITALが開発した磁気式エンコーダを基本にしています。これらの装置のコア部品は、装置に搭載できるように個別に利用可能です。

  • 分解能:17bit、最大測定回転数:最大32bit
  • 通信インターフェース: BiSS、SSI, RS-485準拠
  • ロバスト、取付の容易さ
  • 耐粉塵、耐湿気
  • 小型、安価
  • ウイガンドワイヤ効果を使用したシステム
kit_render_001

レゾルバや光学式エンコーダの置き換え

POSITALのエンコーダキット部品は、従来、サーボモーダと回転装置の組み合わせで、使用されてきた回転測定装置より多くの効果を得ることが出来ます。レゾルバと比較して、正確に測定し、マルチターン測定を可能にしました。レゾルバにより作り出されるアナログ信号の代わりに、デジタル信号が可能です。一方、POSITALの磁気式エンコーダ技術は、最上位の光学コードディスクの分解能より劣りますが、安価で、オイル、粉塵に強く、それ以上に耐衝撃、耐振動に優れています。POSITALのエンコーダは、全て電気で、マルチターン数、アブソリュート位置測定を可能にしています。

  • コンパクト設計:カップリング・ベアリング無し
  • 耐粉塵、耐湿気
  • 正確なモーターへのフィードバック

エンコーダキットの仕様

POSITALの磁気式エンコーダキットは、また、特別な精密技術、クリーンルームに近い組立環境を必要としませんので、通常の工場環境下で組み立てることが出来ます。自動校正機が、小さなセンサーと軸の調整エラーを補償できます。磁気ブレーキのあるサーボモータに対しては、磁気ブレーキから発生する磁界からウイガンドワイヤセンサへの影響を低減する為に特別な磁気シールド部品が開発されています。

  • 分解能:16bit、マルチターン測定数:最大32bit
  • 通信インターフェース:BiSS,SSI,RS-485準拠
  • 精度:0.1⁰
  • 稼働温度範囲:-40 ~ +105 ⁰C

ホールセンサ、32bitμCPU、ウイガンドワイヤセンサを含む電機部品は、外径36mm、高さ24.2mmのPCBに配置されています。

ウイガンド効果については、更にお読みください。

簡単な取付