POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

POSITALの多様な冗長アブソリュートエンコーダ

tcr_news_page

安全性が重視されるアプリケーション向けの

POSITALは、安全性が重要なモーションコントロールシステム向けの安価で柔軟に代替対応可能な製品を導入しました。正式に認定されたSIL安全対応エンコーダの現行範囲を補完する、認定されていない標準部品をベースにした新しい「多様な冗長アブソリュートエンコーダ」は、機能安全が必要な多くの設備にとって最適な選択肢です。機能安全PLCと組み合わせると、これらのデバイスはパフォーマンスレベルに準拠する必要があるアプリケーションに適しています。 「冗長性」とは、これらのデバイスに2つの独立したセンサーシステムが含まれていることを意味します。これら2つのシステムからの測定は、機能安全PLCによって処理されます。両方の測定値が一致している場合(定義された許容範囲内)、安全な操作が想定。何らかの偏差がある場合は、制御するPLCはアラームを発し、システムを定義された安全な状態に移行するオプションも付いています。安全のために、POSITALは磁気センサーと光学センサー技術を組み合わせて使用しています。多様な冗長性がポイントです。新しい安全対応エンコーダの用途は、建設機械やモバイル機器から、クレーン技術やエレベーター、映画館や映画制作向けの複雑なステージ技術まで多岐にわたります。

POSITAL認定のSIL安全対応エンコーダについてもっとみる

スマートなデザインで安全を第一に

  • 安全性が重視されるシステム向けの代替品
  • 機能安全のための多様な冗長性
  • スペースとコストを節約できるエンコーダ
  • 様々な設置に対応した幅広いオプション
  • 最大パフォーマンスレベル/ PL d, Cat. 3 of ISO 13849
  • 過酷な環境でも使用可能
  • CANopenインターフェース

信頼性のある磁気および光学技術

冗長システムを別々に設置する代わりに、POSITALはスマートなオールインワンソリューションを選択しました。 この新しいデバイスは、スペースとコストを節約するタンデムエンコーダとして設計されています。磁気および光学センサーの部分は、設置が簡単でコンパクトなハウジング(直径58 mm)に統合されています。解像度は1回転あたり16ビットです。モジュール方式のPOSITALポートフォリオの他の製品と同様に、エンコーダにはさまざまな機械オプションが付いています。その範囲は、IP67までの保護レベル向けに設計された堅牢なハウジングから、さまざまなコネクタタイプまで、さまざまなフランジとシャフトのバリエーション(中空または中実シャフト)に及びます。通信は、定評のあるCANopenインターフェースを介して行われます。新しい安全対応エンコーダは、過酷な環境や広い温度範囲の環境に適しています。磁気エンコーダ技術は堅牢ですが、光学コンポーネントは特別なメンブレンを追加することで結露に対して特別に保護されています。光学式と磁気式の両方のセンサーは、シングルおよびマルチターンモードで位置の値を測定するアブソリュートエンコーダであり、バッテリーとメンテナンスは一切不要です。

CANopenインターフェースについてもっと見る

canopen_tcr

「当初から、多様なデザインに大きな重点を置いていました」とPOSITALアメリカ州のジェネラルマネージャーChristian Fell(クリスチャン・フェル)氏が強調。「まったく異なる測定技術を使用することで、システム全体の認証をできるだけ簡単にしたかったのです。」多様な冗長アプローチにより、2つの同一の測定デバイスを使用するセットアップよりもはるかに簡単にエラーを検出できます。光学式と磁気式の両方のシステムは、何十年にもわたってPOSITALのコアコンピテンシーであった確立されたエンコーダ技術を利用。1960年代に精密アプリケーション向けの光学式アブソリュートエンコーダのトップ企業の一つになった後、過去15年間のPOSITALは、優れたダイナミクスと精度を誇るハイエンドの磁気エンコーダのトレンドセッターになりました。これは、計算能力の向上、革新的なアルゴリズム、エナジーハーベスティングマルチターン機能によって実現されています。

新しいセンサーは、パフォーマンスレベルまでの機能安全を必要とするアプリケーション/ISO 13849のPL dカテゴリー3に適しています。SIL認定の安全機能を備えたエンコーダと比較して、より安価でありながら運用の柔軟性の向上に成功しました。「セーフステート」機能をア有効にするための正確な仕様のような個々のパラメータは、システムインテグレータによってPLCにプログラムできます。「2006年の欧州機械指令の制定後に広く導入されたSIL認定の安全エンコーダが、特定のニッチで引き続き重要な役割を果たすことは明らかです」とまたフェル氏は述べています。「それらの主な用途は少数のエンコーダを備えた安全設備にとどまり、顧客は結果を迅速かつ簡単に得るためにSIL認定機器に追加のお金を費やすことをいとわないところです。」