POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

加速度補償型傾斜計がULリストを取得

tiltix_aks_2

POSITALは、革新的なダイナミックTILTIX傾斜センサー(傾斜計)がULリストに登録されたことを発表しました。これは、これらの製品の安全性と信頼性に関する保証をお客様に提供するための重要なステップです。 ULにリストされた製品は、Underwriters Laboratoriesによってテストされており、その公開された全国的に認められた安全基準に適合しています。 POSITALの北米事業の責任者であるクリスチャンフェルがお伝えいたします。:

「ULリストは、米国の顧客が高品質で安全な製品を受け取ることを保証します。これにより、持続可能で信頼性の高い環境が実現します。ULリストは世界的にも認められており、多くの輸出マーケットでこれらのデバイス(およびそれらを組み込んだ製品)の受け入れの扉を開きます。」

POSITALのダイナミックTITLIX傾斜計は、機械が動いているときや衝撃や振動の負荷がかかっているときに、これらのデバイスが機械装置の空間方向(傾斜)を確実に測定できるようにする高度な加速度補正テクノロジーを備えています。 それらは掘削機、ブルドーザー、消防車、クレーンおよびフォークリフトの腕そしてブームのための制御システムのための優秀な選択です。 また、オフロード機械や自動運転車両の安全システム(横転防止システムなど)にも使用できます。この卓越したパフォーマンスの鍵は、MEMS加速度計と電気機械ジャイロスコープセンサーを組み合わせたデュアルセンサー測定システムです。 このシステムは、空間におけるデバイスの向きを決定するために加速度計のみに依存する「静的」傾斜計の基本的な欠点を克服します。 これらの古い計器が突然の動き、衝撃、または振動を経験する場合、加速度計への慣性負荷が傾斜測定でエラーを引き起こす可能性があります。 しかし、加速度データとジャイロスコープからの回転速度測定を組み合わせることにより、新しい動的TILTIX傾斜計の高度な信号処理アルゴリズムは、加速度の影響を除外し、傾斜角を正確に報告できます。

これらの機器は、信頼性の高い傾斜測定に加えて、3軸の加速度と回転速度も検出できます。 これは、たとえばコンテナブリッジやスプレッダーでの複雑なモーションシーケンスの監視など、追加の機能やアプリケーションを実装できることを意味します。

「Fell氏は、将来的には、農業機械などのオフハイウェイアプリケーションを含む、自動運転車の分野に真の可能性があると考えています。 「たとえば、コーナリングの際、GPSからの位置データは、垂直軸の周りの回転速度を考慮することによって拡張できます。」

E1承認も取得

E1承認も取得

革新的なアルゴリズムの採用

ダイナミックILTIX傾斜計は、1軸(最大360°)、2軸(+/- 90°)、またはX軸周りの180°(ピッチ)とそのY軸(ロール)周りの+/- 85°の組み合わせを含む、いくつかの測定範囲で利用できます。 精度は+/- 0.3°で、分解能は0.01°です。 頑丈なアルミニウムハウジングは、IP 69K(ほこりや高圧ウォータージェットに対して密閉)までの保護を提供し、動作温度範囲は-40〜+75°Cです。 CANopenおよびSAE J1939インターフェースがサポートされています。

稼働中のパワーシャベルの実測定角度

tilt_measurement