POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

世界最小マルチターンアブソリュートキットエンコーダ

22mmkit_news

統合モーターフィードバック用の新ミニチュアマルチターンキットエンコーダ22mm

産業オートメーションの世界では、超小型パッケージの優れた性能は有益です。小型化の重要性を念頭に、エンコーダ生産者のPOSITALは、統合モーターフィードバックの新規ミニマルチターンキットエンコーダの機能性の高いプロトタイプを開発しました。新しい機器は直径たった22m、高さ23mm(0.87”/0.9”)で、世界最小サイズのマルチターンキットです。予備バッテリーや複雑なギアシステムを必要としないセルフパワーローテーションカウンターが搭載されています。POSITALの高度に整備された22mmマグネティックキットエンコーダは、高精度ポジションフィードバックが求められ、スペースが貴重なサーボモーター、フィードバックコントロールステッパーモーター、マイクロドライバー、小型ロボットおよびそのほか機器のビルダーのために設計されています。

信頼性が高く、正確で、簡単な設置

  • バッテリー、ギア、メンテナンス不要
  • 17bitsまでのエレクトリカルレゾリューション、32bitsまでのマルチターンレンジ
  • オプショナルセルフキャリブレーションによる強靭なパフォーマンス、高精度、簡単な設置
  • プリセット機能とともにBiss CおよびSSIインターフェイスで利用可能
  • 判別用統合温度センサー
22mm_explosion

「当社の新製品であるミニキットは、2016年に開発したキット(またはモジュラー)エンコーダに引き続き、成功を築いています」と、POSITAL北アメリカのプロダクトマネジャーであるジム・スティーブンは言います。「慎重なリデザインと小型化された電子部品の導入によって、デバイスの直径が36mmから22mmになりました。」ローテーションカウンターに電力を供給するWiegandエナジーハーベスティングシステムの小型化は、当社の誇るべき成果です。バッテリーやギアシステムを頻繁にメンテナンスする必要がなく、信頼性の高いアブソリュートマルチターンポジション計測を提供できることから、このシステムは、POSITALの中で極めて重要な製品となっています。

POSITALのWiegandテクノロジーについてさらに見る

22mm_36mmkit

当社の他の製品同様、新製品22mmキットは信頼性、精度が高く、設置が簡単です。リゾルバーとは異なり、マルチターン計測範囲をカバーし、デジタルで表示します。オプティカルキットと比べより丈夫で、油、ホコリ、湿度耐性が高くなっています。17ビットの電子レゾリューションを提供し、マルチターン計測範囲は32ビットまでです。ベンダーニュートラルSSIとBiSS Cインターフェイスに対応しています。22mmキットの設置はとても簡単で、通常の工場環境下で行うことができます。統合セルフキャリブレーションにより、プロセスが簡素化されました。丈夫なマグネティック、動作信頼性の高さ(判別統合温度センサー付)、マルチターン機能およびメンテナンスフリーオペレーションによって、所有コストを削減します。

POSITALのキットエンコーダファミリーの詳細を見る

「さらなる高機能を提供する統合ベアリング付22mmキットの特別シャフトバージョンもまた、現在開発中です。」「世界のオートメーション業界で製品小型化がトレンドとなっている中で、当社新製品であるミニキットは多くの注目を集めています。」と、スティーブンは言います。