POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

ウィーガンドセンサ

p_1045
pos_ubi

エネルギーハーベスティング:自己発電式磁気センサ

POSITALのウィーガンドセンサは、自己発電、双極磁気センシングにより外部磁界が変化するたびに一定のパルスを提供します。

磁気センシングの詳細はこちら

シングルパルスは、超低電力電子装置や間欠的に起動する電子回路に必要なエネルギーを供給することができます。連続したパルスは、低電力回路の電力需要を相殺するために貯蔵することができます。

エネルギーハーベスティングの詳細はこちら

  • アプリケーションは、タスク遂行(イベントデータのカウントなど)を行うパルスタイミングを使用する超低電力回路の電力にパルスエネルギーを利用することで、磁気センシングとエネルギー利用の両方を統合することもできます。

統合センサおよびハーベスティングの詳細はこちら

特徴

  • 非接触電磁ハーベスティング(機械摩耗ゼロ)

磁界の発生とエネルギーハーベスティングデバイスには機械的接触がないので、機械摩耗はありません。

  • エネルギーパルスを引き起こす「マグネティックイベント

ウィーガンドワイヤの固有のヒステリシスにより、磁界の磁気がしきい値に達した時にパルスが発生します。

  • 均質なパルスエネルギー

高頻度の追加誘導効果が高度なパルスエネルギーを引き起こす一方、磁界変化の頻度が極めて低くても、均質なパルスエネルギーレベルが引き起こされます。

  • エネルギーを消耗せずに無数のパルスを発生

無数の極性スイッチイベントが起こった後でも、パルスエネルギーレベルは一定に保たれます。

  • 高パルス誘発頻度限度

他のメカニカルイベントトリガーセンサとは異なり、トリガーイベントは30kHzを超える周波数で識別されます。

ウィーガンド効果の詳細はこちら

POSITAL:ウィーガンドエキスパート

2006年以来、POSITALはウィーガンド技術を回転エンコーダに適応させることに成功してきました。2012年、当時の世界のメインウィーガンドワイヤサプライヤーがワイヤ製造を中止しました。POSITALは、2つのワイヤ製造ライン、技術の文書化およびエキスパートコンサル契約を2013年に完了しました。その直後、ドイツ・アーヘンにウィーガンド技術センターが開設され、POSITALウィーガンドセンサの全体を請け負い始めました。

POSITALは、製造チェーンではVicalloyの溶解からウィーガンドセンサの製造、ウィーガンド技術を使用した付属品の製造までの全工程を慎重に管理しています。最高品質のウィーガンドワイヤセンサおよび付属品を製造するには多くのプロセスを要し、当社のエンジニアやロジスティックチームにより管理および最適化されています。現在、POSITALのウィーガンドワイヤ製品ラインが欧州およびアメリカに配置されており、ウィーガンドセンサ組み立てラインは欧州およびアジアに配置されています。

アプリケーション

Wiegandパルスは、超低電力の電子機器の電源として使用でき、バッテリーが不要になります。このような場合、予備のバッテリーを確認したり、交換する必要もないため、メンテナンスの手間が大きく省けます。あるいは、システムの消費電力を削減することで、バッテリー駆動システムの寿命を延ばすことができます。近年、Wiegandセンサーの品質と信頼性が向上したことにより、生成されたWiegandパルスとその固有のエネルギーを利用した、より多くのアプリケーションや用途への道が開かれました。

watermeter woman_quality_control medical encoder