POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

単回転 マルチターン

単回転

singletrunexample

単回転エンコーダは、360°(一回転)内の測定が可能です。シャフトが360°以上回転した場合、360°に達した後の回転に対する出力は一回転目と同じになります。(例)出力が361°の場合、1°と出力。出力が720°の場合、360°と出力)

マルチターン

multiturnexample

マルチターンエンコーダは、追加的に回転数を計り、360°以上の測定が可能です。出力信号が、回転数と一回転中のシャフト位置に基づいて出されます。例)3転半回転(0スタートとする)後の出力信号・出力値は、一番初めの半回転後の出力より7倍高くなります。

シングルターン計測テクノロジー

磁気式エンコーダの鍵となる要素はホール効果の センサーシステムで、これが永久磁石の磁場の方向 に応じてシャフトの角度位置を決定します。永久磁 石はシャフトに取り付けられており、その磁場がホ ールセンサーに影響を与えます。

マルチターン計測テクノロジー

ホール効果のセンサーシステムは、アブソリュートエ ンコーダのシングルターンに使用されます。しかしな がら、外部電源が切断されるとエンコーダは回転数 を数えることができません。POSITALは、バッテリー やギアを全く必要としないウィーガンド効果に基づく システムによってこの問題を解決しました。バッテリ ーを使用することには多くの不利な点があります。バ ッテリーの寿命は限られている上に、重量がかなりあ り、また有害物質も含んでいます。ギア装置も、それ 自体が大きく、複雑で、費用がかかり、またショックや 振動に弱いという欠点があります。回転速度にかか わらず、たとえそれがゼロに近い状態であっても、ウ ィーガンド効果に基づくシステムは短くて、強力な電 圧パルスを発生させ、アブソリュートエンコーダのカ ウント用電子部品に十分な電力を供給します。このた め、回転数のカウンターは外部の電源供給から独立 して機能できます。この原理は2005年以後市場で評 価を受けており、今後は、要求の厳しい環境であって も、バッテリーの交換が必要なく、アブソリュートポジ ション (絶対位置)を信頼性の高い精度で提供します。

信号処理が高性能の鍵

POSITALのIXARC磁気式エンコーダを光学システムの性能レベルにまで改善させた画期的なテクノロジーは、新世代のセンサーテクノロジーシステムに基づくものです。本カスタム設計のホールセンサーは、高性能な32ビットのマイクロプロセッサを使った複雑な信号処理と組み合わされることで非常に優れた分解能と精度を提供し、待ち時間はわずか数マイクロセカンドにしか過ぎません。POSITALはまたインクリメンタル インタフェースを使用しているため、エンコーダが使用される全範囲をカバーできます。