POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

新しい仲間たち:
POSITALキットエンコーダにニューモデルが加わります

kit_family

POSITALは、機械製造業者およびIS、モータメーカーの抱える幅広いニーズに応えるため、モーションコントロール・アプリケーション用の新しいキットエンコーダを展開します。

キットエンコーダは、回転位置(角変位)または回転速度のリアルタイム計測が必要なモータ等の機器に組み込まれるように設計された「部品」です。POSITALの広く普及しているIXARCシリーズの内蔵エンコーダと異なり、キットエンコーダでは基本的に、密閉ハウジング、ボールベアリング、シャフトは付属していません。その代わりに、回転部分はシャフトに直接接続され、ホストマシンの内部に収まるように設計されています。これにより、回転位置と速度を直接計測する堅牢でコンパクトな取り付けが可能になります。

POSITALキットエンコーダとして現在以下のタイプをご用意しています。

バッテリいらずの多回転磁気式キットエンコーダ

steppr_kit___final

コンパクトで堅牢、メンテナンスを最小限にしたデザインにより絶対位置フィードバックを提供します。多回転モデルにおける最大の特徴である自己充電式回転数カウンタのおかげで、バックアップバッテリが必要ありません。そのため、信頼性が高くメンテナンスが最小限に抑えられます。一般的なインクリメンタルエンコーダと同様の取り付けフットプリントを備えた各種を、進化した絶対位置制御として、ステッピングモータ開発者の皆さんにご提案します。また、POSITALの磁気式キットエンコーダは、SSI、BiSS C、BiSS Lineなどの通信インタフェースがご利用いただけます。

BiSS Line

SSI

中空軸(スルーホロー)キットエンコーダ

thruhollow

は、測定要素が機械のシャフトまたはアクスルに効率よく現れるよう設計されています。 スリムなデザイン(厚さ18 mm)と幅広い中央開口部(30 mmまたは50 mm)は、多くのモータ設備と小型ロボットの関節部における最適なソリューションとなります。 これらのデバイスは、ショックや振動、塵、湿気、磁場に非常に強く、かつ高い精度を兼ね備えた容量測定技術に基づいています。ここでももちろん、バッテリーレスの多回転モデルをご用意しております。

小型インクリメンタル光学式キットエンコーダ

opticalkit

は、小型装置、低消費電力モータ、ステッピングモータの速度制御に最適化されています。 これらのデバイスは、シンプルで堅牢、取り付けが簡単で、さらに他社の光学式キットエンコーダと互換性のある実装フットプリントがあります。 また、多様な解像度が利用できます。

簡単な取付