POSITAL

電子メールまたはパスワードが正しくありません。 もう一度お試しください。

新POSITALマルチターンカウンターモジュール:
バッテリーフリーの回転カウンター

multiturn_counter_module

POSITALのマルチターンカウンターモジュールは、モーターや他の回転機械に組み合わされ、回転数を信頼性の高い形で制御システムに提供するために設計された、メンテナンスフリーの回転カウンターです。これらのモジュールは、工作機械、ロボット、包装機械、医療機器での位置決め作業など、回転カウントが必要な多くの用途で使用できます。

  • 実績のあるスマートマルチターン(40ビット範囲)
  • 信頼性の高いWiegand 技術
  • バッテリー, ギア不要
  • 費用対効果の高い構成を提供するSPIプロトコル
  • 8ビットシングルターン機能付き
  • 実質的な診断機能
 
「新マルチターンカウンターモジュールは、弊社のマルチターンエンコーダキットや独立したエンコーダに組込まれた回転カウンターとは別の製品ヴァージョンです。」と、POSITALの技術開発責任者ChristianFell(クリスチャン・フェル)氏が強調。
「この製品を別個のコンポーネントとして提供することで、0~360°の範囲の回転位置測定に他のソリューションを使用したい、または回転数の測定にのみ興味があるというメーカーや機械メーカーの皆様に、実績のあるメンテナンスフリーのカウンター技術を提供することができました。」

POSITALのマルチターンカウンターモジュールの特徴は、Wiegandワイヤベースのエネルギーハーベスティングシステムを採用し、カウンターとメモリ回路に電力を供給していることです。「このシステムの重要なメリットの一つは、バックアップバッテリーをチェック、交換、廃棄する必要が完全になくなることです。」とFell氏がコメントを続けました。カウンターモジュールは磁気検知技術を使用しており、回転シャフトに取り付けられた小さな永久磁石が必要です。モジュールのWiegand センサーは、磁石が回転するたびに少量の電気を生成し、カウンターを起動させ、制御システムの電源が利用できないときに回転動作が発生した場合でも、各回転を必ず記録します。Wiegandシステムからの出力は速度にほとんど依存しないため、カウンターモジュールはほぼゼロから12,000RPMの範囲の速度の回転を確実に記録します。測定範囲は40ビット、つまりほぼ正味9兆回転です。

セットアップの簡素化

マルチターンカウンターモジュールは35mm径のPCBに取り付けられており、取り付ける機械のハウジングに簡単に収まるように設計されています。利用可能なアクセサリには、サマリウムコバルト永久磁石(機械の回転部分に取り付け)、下部シールド (取り付ける機械の内部で発生する磁場からの保護用)、および上部シールド(外部磁場、ほこり、およびその他の環境上の危険からの保護用)が含まれます。カウンターモジュールは、SPIバスインターフェイスを介してコントローラユニットに接続されており、セットアップの簡素化、信頼性を向上させる広範な内部診断機能を備えています。